2017.11.30

【ジブンゴト記事】贈り物にタオルはいかが?

 

さて、僕は愛媛県出身なのですが、皆さんは愛媛県といえば何を思い浮かべるでしょうか?

 

みかん?坊っちゃん?道後温泉?

 

色んなイメージがありますよね〜と言いたいところですが、おそらく大半の人はみかんくらいしかイメージできないのではないでしょうか。大丈夫。誰も悪くないです。笑

愛媛県出身としては愛媛の紹介したいとこは沢山あるのですが今日は愛媛でも今治、今治といえばタオル!ということで62年間今治でタオルをつくり続けているこちらの会社を紹介します!

 

IKEUCHI ORGANIC株式会社

https://www.ikeuchi.org/

 

池内タオルの目玉はオーガニックタオルです。

オーガニックコットンというこだわりのコットンから生み出されたタオルは細部までこだわりが行き届いており、よく水を吸い、よく乾き、気持地のいい肌触りが特徴で、相手を気遣う贈り物などにも最適です。

 

日本の繊維産業は外国からの安価な製品の波に押され、今やもう斜陽産業とまで言われています。池内タオルのすごい点はそんな中あえて自社のオーガニック製品に絞り、会社を持ち直したところです。2016年にはこれからの1000年を紡ぐ企業にも認定されています。

もちろん、社長の池内計司さんはカンブリア宮殿にも出演されたこともある社長さんです。興味のある方は下のリンクからどうぞ!

 

贈り物にタオルって凄くセンスのいいものなのではないかと最近思い始めました。タオルってほとんどの人が毎日使うもので、しかも肌に直に当てるものです。そこに良い物を使いたいって言う思いはみんなあるのではないでしょうか。お風呂上がりに少し良いバスタオルに包まれる幸せ。。。めっちゃええやん!!!

 

今回紹介した以外にも今治で有名なタオルはたくさんあります!どれも心揺さぶられる物語から生み出された素晴らしいものばかりです!

皆さん今治タオルを見かけた際は是非手にとって見て下さい!

 

【興味の出た方はこちらもどうぞ】

衰退産業・地方・中小・民事再生 四重苦をぶっ飛ばした、ブレない経営!〜カンブリア宮殿HP〜

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2011/1208/

タオルで世界を驚愕させる “物語”を売る経営術〜ウェブゲーテ〜

http://goethe.nikkei.co.jp/living/150917/

今治タオルHP

https://www.imabaritowel.jp/

 

なべちゃん(高鍋和哉)

なべちゃん(高鍋和哉)

1995年生れ。 家業はハマチ養殖。 実家は人口400人弱の小さな離島。 小学校の全校児童は14人、同級生は男3人、中学生になって初めて同い年の女の子と喋った、など少子高齢化最前線を突っ走るお手本のような過疎地域でのびのび育つ。 海に落ちた時のために着衣泳の授業があったなど、離島あるあるを共感できる人を密かに探している。 大学2年生の時に関西大学の後継者ゼミを通してベンチャー型事業承継を知り、共感。 本プロジェクトには山野さんの優しい(?)勧誘により参加。

おすすめ記事

おすすめ記事

instagram

このエントリーをはてなブックマークに追加

Supporters
-アトツギベンチャー協力団体-