プライバシーポリシー

公益財団法人大阪市都市型産業振興センターは、お客様等の個人情報について、個人情報保護に関する法令及びその他の規範を遵守し、自主的なルールや体制を構築・確立し、下記のとおり個人情報保護方針を定め、これを実行し維持していきます。

当財団は、個人情報を適切に保護するために「個人情報保護規程」を策定し、職員に周知徹底させ、これを改善・維持していきます。

当財団は、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏洩等を防止するため、不正アクセス対策や、コンピューターウイルス対策など適切な情報セキュリティー対策を講じます。

当財団は、適法かつ公正な手段によって個人情報を入手し、不正な方法により入手しないことはもちろん、個人情報の本人様から利用目的等について同意を得るか、当財団インターネットホームページに必要事項を告知します。

個人情報の利用は、利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて行うものとします。そして、お客様の同意なく、お客様の情報を第三者に提供いたしません。ただし、次の各項目に該当する場合には、個人情報の本人様への事前の同意を得ることなく、当該情報主体の個人情報を第三者に提供したり、利用目的の範囲を超えて利用することがあります。

  • 法令に基づく場合
  • 人の生命、身体、または財産の保護のために必要がある場合であって、個人情報の本人様の同意を得ることが困難な場合。
  • 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、個人情報の本人様の同意を得ることが困難な場合。
  • 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けたものが、法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、個人情報の本人様の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障をおよぼす恐れのある場合。

当財団は、個人情報の本人様が当該情報主体が識別される保有個人データについて、開示・訂正・利用停止・消去等の権利を有していることを確認し、個人情報の本人様の要求に対して適正に対応します。
当財団は、個人情報の取り扱いについて個人情報の本人様から苦情が寄せられた場合には、適切に対応します(個人情報に関するお問合せについて)
当財団は、業務を委託するために個人情報の取扱を第三者に委託する場合には、当該第三者について必要な監督処置を講じます。
当財団は、個人情報を特定の第三者と共同して利用する場合には、その旨並びに共同して利用する個人情報の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的及び当該個人情報の管理について責任を有する者について、あらかじめ個人情報の本人様が容易に知り得る状態におきます。

2005年4月1日制定
2012年9月1日改定
公益財団法人
大阪市都市型産業振興センター
理事長 秋山 千尋