2017.09.08

LIGの社長も実はアトツギ。ベンチャー型事業承継は自由だ!

 

あのLIGの社長もアトツギ候補だったみたいです。 

以下、記事になります。

万年赤字の宿を3年で見事に立て直したある男の話。ゲストハウスLAMP3周年に寄せて

記事URL:https://liginc.co.jp/360140

 

カエルの子はカエル。経営者の息子は経営者である。

というのが僕の持論ですが、本当にその確率は高いように思います!


ファミリービジネスの家庭では必然的に会話の中で仕事の話が多くなる傾向がありますし、小さな頃から親の姿を見て育つので、経営者という仕事を自然と自身のロールモデルにするのかもしれませんね。


僕もそのまま親の会社を継ぐのではなく、自分で何か事業を起こしたりしながら、親の会社を引き受けるような形で継ぐことができれば、 とてもかっこいいなぁーなんて思ったりしました。
それは、やはり自分の力を見せたいという側面もありますし、単純に何もしていないボンボンではないという事を誇示したいのかもしれません。

 

まつりのアトツギ一言

 

適材適所。アトツギはみんなを不幸にも幸せにもできる。

 

会社URL

株式会社LIG: https://liginc.co.jp/
LAMP: https://lamp-guesthouse.com/

 

<そんな吉原ゴウさんが来阪!>

◆2017年9月24日(日)15:00〜

詳細はこちら▶︎ http://next-innovation.go.jp/renovator/eventpost/20170924_oihevent/

まつり(川端 佑典)

まつり(川端 佑典)

1994年生れ。家業は厨房設備屋。家業の古臭い経営や精神論が苦手で、ITベンチャーやデザインコンサルなどキラキラな職場で勤務していたが、「ベンチャー型事業承継」伝道師の山野さんに出会い、自身の家業に大きな可能性や魅力があることに気づく。現在、継ぐかどうか絶賛迷い中。世界/日本一周を経験。京都の山奥で瞑想してみたり、和歌山の熊野で田舎暮らしをしてみたりと、楽しいことやってます。

おすすめ記事

このエントリーをはてなブックマークに追加